スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中山走行会 2015 12月

先月、お誘いを受けたので中山サーキットに行ってきました。


取り合えず、今のGC8の主な仕様

ECU:社外ECU NEW
サスペンション:DMS車高調 バネレートF:8kg/mm R:6kg/mm
エアクリーナー:HKS スーパーパワーフローリローデッド
タービン:純正
EXマニ:HKS不等長 NEW
マフラー:不明 社外マフラー
インタークーラー:純正
ミッション:純正
クラッチ:純正後期用(G・F型)クラッチ+STI軽量フライホイール
LSD:リア STI製2Way機械式LSD(R160)
タイヤ:NANKANG NS-2R 215/45ZR17 91W レース用(TREAD120) NEW


今回、一緒に参加したHA22S(前期FF)を運転させてもらいました。純正ヘリカルLSDが入っているので少し癖のある感じだったんですが、フロントを引っ張って進む感触が凄く良かったんで、やっぱりインプレッサにもデフセッティングの必要性を考えさせられました。

車載動画



本日のベストは71秒595、70秒は切りたかったです。

燃料の空射ちが酷かった上にどうもプラグも駄目っぽいですね。前期型なのでもしイグニッションコイルの方だったら最悪です。

後、今回初投入したタイヤも自分ではイマイチでした。FEDERAL 595RS-Rの方がグリップする様に感じます。縦グリップのみだったらまだマシなんですけど

サーキットの帰りにヘッドライトのバルブが切れてる事に気づいたので、RAYBRIG サーキットクリア(品番:RA47)に交換しておきました。また機会があれば走りに行きたいですね。
スポンサーサイト

黒ワークスのエンジン4

そんなこんなでF5Aエンジンをバラしていきます。

インタークーラー等の補機類を外して
8239.jpg
エンジンスタンドに固定しました。

先ず、排気側の分解に邪魔なので
8246.jpg
オルタネーターを外します。

外れました。
8247.jpg
冷却系のホースやオイル関係の配管等を外していきます。

タービン一式を外しました。
8251.jpg
続いてエキマニ

外しました。
8252.jpg
DOHCのエキマニはナット2個六角穴付ボルト2本で止まっています。

ウォーターポンププーリーとクランクプーリーを外して
8258.jpg
水配管を取ってタイミングベルトカバーを外します。

そしてSOHCの時と同様にベルトの位置を出して、インパクトでカムプーリーのボルトを緩めて、テンショナーを解除してタイミングベルトを外します。

嵐を呼ぶ 2013年 Kカー5時間耐久走行会IN備北サーキット 第1戦

さて、今シーズン初戦はTFクラスに仔牛君1台で出場してきました。

前週に車両を皆で整備して仕上げたのですが、予選のスタートダッシュでサージタンクのホースが抜けてブーストが思う様に掛からず予選終了、それでも真ん中より少し下の順位に留まりました。

ホース抜けを直して本戦開始
21.jpg
なんと1番走者は僕です。

恐らく1コーナー
40.jpg
何故かカメラ目線

この頃は調子良く走っていました。
52.jpg
後に悲劇が襲います。

走行中にいきなりパワーが無くなったのでピットへ帰還したんですが、何故かラジエターの中が空っぽだったので、水を注いで見るとサージタンク下部のエンジン裏の水ホースが裂けて、そこから水が派手に流れ漏れてました・・・。

一瞬でLLCが抜け切ったので水温計が変化する間も無く、オーバーヒートしてしまった様です。本戦開始から15分位だったので、即撤収して昼から皆でエンジン分解・・・ヘッドの歪は0.12mmでしたとさ


今回の走行で言われた事は

・皆さん曰く、いつもながらまだまだ踏みが足りないらしいです。
・曰く、1コーナーはノーブレーキらしいです。
・レースなんだからもっと相手を揺さぶれ


今回は何所かのテレビ局が取材に来てましたよ!

黒ワークスのエンジン3

さて、今回何をするかと言うと


F5Aヘッド(DOHCターボ)+F6Aブロック(SOHCターボ)のエンジンを作ってみよう


です。事の始まりは、ちょっとF5A/F5Bのバルタイを調べていて、みん○ラで聞いてみたのですが、秘密主義な人が多いみたく誰も教えてくれなかったので、カムの為にF5A DOHC ターボのエンジンを丸ごと買ってきた辺りから始まります。しかし皆さんケチんぼでしたねぇ・・・

S63 アルトワークス CC72V RS-R 5MT
8214.jpg
F5A DOHC ターボエンジンです。

F6Aヘッドを使ったツインカム化は聞きますが、F5Aヘッドと言うのは余り聞きませんね。
8220.jpg
72ワークスはエンジンが傾斜してマウントされていたり、補機類が旧規格660と若干違うからですかね。


黒ワークスのエンジンが手元にあったので実験的に「まぁ、作ってみるか」みたいな感じです。なので、失敗したら爆笑して捨てます。

黒ワークスのエンジン2

補機類の取り外しが大体終わったので、そろそろカムカバーを外します。

開きました。18万kmだったらこんなもんですかね。
8199.jpg
カムカバーは貼り付いていた為、プラハンで軽く叩きました。

シリンダーヘッドを取り外しました。
8202.jpg
ボアの状態は走行距離の割には良い方です。

一応、外側から内側へ対角線上にヘッドボルトを緩めていきます。ノックピンは対角2箇所です。

オイルパンが凹んでいたので、外して確認して見ました。
8205.jpg
取り合えずオイルストレーナーが無事だったんで、特に問題は無いと信じます。


このエンジンには、ここで一度引っ込んでもらいます。
プロフィール

ennui

Author:ennui

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。