スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嵐を呼ぶ 2013年 Kカー5時間耐久走行会IN備北サーキット 第1戦

さて、今シーズン初戦はTFクラスに仔牛君1台で出場してきました。

前週に車両を皆で整備して仕上げたのですが、予選のスタートダッシュでサージタンクのホースが抜けてブーストが思う様に掛からず予選終了、それでも真ん中より少し下の順位に留まりました。

ホース抜けを直して本戦開始
21.jpg
なんと1番走者は僕です。

恐らく1コーナー
40.jpg
何故かカメラ目線

この頃は調子良く走っていました。
52.jpg
後に悲劇が襲います。

走行中にいきなりパワーが無くなったのでピットへ帰還したんですが、何故かラジエターの中が空っぽだったので、水を注いで見るとサージタンク下部のエンジン裏の水ホースが裂けて、そこから水が派手に流れ漏れてました・・・。

一瞬でLLCが抜け切ったので水温計が変化する間も無く、オーバーヒートしてしまった様です。本戦開始から15分位だったので、即撤収して昼から皆でエンジン分解・・・ヘッドの歪は0.12mmでしたとさ


今回の走行で言われた事は

・皆さん曰く、いつもながらまだまだ踏みが足りないらしいです。
・曰く、1コーナーはノーブレーキらしいです。
・レースなんだからもっと相手を揺さぶれ


今回は何所かのテレビ局が取材に来てましたよ!
スポンサーサイト

嵐を呼ぶ 第24回ピットロードMサーキットバトル&練習会 RD.4

さて、某180SX走るシケインと成るべく、ピットロードMの走行会に行ってきました。


セントラルサーキットに到着
p1_20121205233050.jpg
180SXとインプレッサ、今回はインプで出撃です。

インプレッサ(GC8)の主な仕様

ECU:純正
サスペンション:DMS車高調 バネレートF:8kg/mm R:6kg/mm
エアクリーナー:HKS スーパーパワーフローリローデッド
タービン:純正
EXマニ:純正
マフラー:不明 社外マフラー
インタークーラー:純正
ミッション:純正
クラッチ:純正後期用(G・F型)クラッチ+STI軽量フライホイール
LSD:リア STI製2Way機械式LSD(R160)
タイヤ:FEDERAL 595RS-R 215/45ZR17 87W

車は大体こんな感じです。当日の気温は終始低く、天気は曇時々雨でした。


1本目フリー走行
p3.jpg
この頃は無事に走ってました。撮影班に感謝です。

40~50台程がコースに入り、インテR(DC2)を追いかけてコーナーでスピンをかましたりしながら出た、セントラルサーキット初走行のベストタイムは

01:43.140

9/12周目 平均速度は97.87km/hでした。うーん、おせぇ・・・

2本目フリー走行は1本目を踏まえつつ、

尻がッ 出ても 踏むのをやめないッ!

と、やっていたら

1周もしない内に弩オーバーでグラベルにすっ飛んで行きました。

自力脱出が出来なかったので走行終了まで、ずっと皆を眺めていました。結構虚しいです。車と本人は無事でしたが2本目はタイム無し、最後の模擬レースには申し込んで無かったのでこれで終了です。


今回セントラルをインプレッサで走って思った事は

・何かオーバーが強い、すっごい回るよ!
・ブレーキパッドはストリート用では駄目だと思う
・バネレートを上げないとインナーフェンダーが無くなる
・タイヤはそこそこの物でいい様な気もする
・FFっていいなぁ


特にブレーキは大事だと思います。セントラルを走る度にパッドを消し炭にしていては身が持ちません。


やっぱりジムカとかとはまた違うわなぁ

嵐を呼ぶ Kカー5時間耐久走行会IN備北サーキット 第3戦

さて、前回に引き続き備北5時間耐久レースに出てきました。

チームメンバーと参加車両は前と同じですが、行きの道中で


TFクラスの仔牛君が走行不能


になりました。なんと今回は会場まで辿り着けず・・・先行きが不安過ぎます。


そんな訳で、走るのはTDクラス親牛君のみとなりましたが、予選結果が50台中10位と上々のポジションで入賞の期待が高まります。

しかし本戦スタート後、2走者目でクラッシュ
20121126.jpg
フロントバンパーの応急処置で20分のタイムロスです。

そして3番走者でブレーキパッドが無くなってピットイン、摩材が無くなり裏金とピストンが溶着していたので引っ剥がす!40分のタイムロス!

最終走者まで繋いだものの既に勝ち目が無い為、回送運転でチェッカーを受けて完走となりました。


今回の親牛君はノーマルエンジン(K6A)で駆動方式もFFでしたが、軽く回るエンジンとクロスミッションのお蔭で、ヘアピン以外は3速で曲がって立ち上がって行けます。上位の人達とはタイムは全然でしたが、個人的には非常に楽しい車でした。


FFのワークスもいいなぁ・・・

嵐を呼ぶ Kカー5時間耐久走行会IN備北サーキット 第2戦

ワークス軍団から「ドライバーが足りない」と言われ、備北5時間耐久レースに出てきました。

参戦車両は当然ワークスです。
p1_20120801123422.jpg
左がTDクラス(ターボ改造)の牛君、右がTFクラス(ターボフルノーマル)仔牛君です。

ドライバーはTD車両が2名、TF車両が4名の2クラスエントリーです。因みに自分はTF車両で走ります。

予選ですがTF車両はジムカーナチャンピオン(予定)のSさんが走り、クラス3位に持って来ました。TD車両もクラス4位ですが、油温が上がるとの事で少し不安です。

さて、本戦スタートですが暫く周回した後、牛君がピットに戻って来ました。ピストン棚落ちエンジンブローでリタイアです。予選の謎の油温上昇はコレでした。

そして、仔牛君はと言うと

Sさん会心の走りです。

会心の走りの結果、フロント運転席側タイヤのビートが千切れてしまったので、リタイアした牛君からタイヤを奪い、その場で手組みをしてレースに復帰しました。

そして、やたらとペースアップを指示されて僕が走り終わった後、次のドライバーに交代したら、今度はクーラントが漏れ始めました。注意して走った様ですが最後はオーバーヒートでリタイア、原因はウォーターポンプのガスケット抜けでした。


2台とも完走ならずでしたけど、終わってみれば楽しかったですね。レースではトゥデイ軍団が速かったです。ストレートでぶち抜かれました。後、夏の耐久はやっぱり暑かったです。

これは・・・面倒な事に・・・なった・・・

さて、久々にパルサーGTi-Rを弄ります。

まずはECUを換えたらしいので、ブースト制御の為にHKS EVCⅢを取り付けます。
7798.jpg
EVCバルブは油や水の浸入を防ぐ為、普通はホースが下に向く様に付けましょう。

ブーコンの次はリアに機械式LSDを装着します。物は恐らくNISMOの2Wayです。
7800.jpg
デフケースごと買って来たので取り合えず中身を確認中、多分大丈夫です。

ギアの歯数も確認したので純正デフを外しに掛かります。
7801.jpg
ペラシャを外して、ドラシャを外しましょう。反対は駄目ですよ?

デフケースAssy交換だけなので取り付けて完成と思いきや、運転席側ドラシャがデフに刺さりません。詳しい人の話だと、このLSDはスピンドルの交換が必要らしく、ドラシャのビスカスカップリングに刺さる部分を3cm程切るか、助手席側ドラシャに換装して使用するしかない様です。

デフを外した車体側、ドライブシャフトが左右で異なります。
7802.jpg
諦めて元に戻します。無駄な労力と無駄な焦りだけが残りました。
プロフィール

ennui

Author:ennui

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。