スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐぬぬ

前回の作業でリアは終わりましたが、フロントが残ったままなので進めて行きます。取り合えずハブからドライブシャフトが抜けないので、ハブとドライブシャフトを切り離さずに丸ごと取ってやろうと思います。

そんな訳で交換用の中古ドライブシャフトを準備しました。前回同様ナックル周りを外して、ミッションからドライブシャフトを抜く為に車の下に潜ります。ミッションとドライブシャフトはスプリングピンで固定されているので、座ぐりのある方からピンポンチ等で打ち抜いてやれば、ドライブシャフトが抜ける様になる筈です。

ピンポンチを持ってないので先を飛ばした五寸釘で代用
7173.jpg
安物のピンポンチなんか買ってもすぐに駄目になるのでコレで十分です。

上が買って来たドライブシャフトAssy、GC8 WRX STi-RA Ver5のやつです。
7175.jpg
スプリングピンの長さも違って微妙に細部が異なりますが、特に問題無く付きます。

後期用ドライブシャフトのアウターブーツは樹脂製で、少々の事では破れない様になっています。この前のブーツ交換は何だったんだろう。

ドライブシャフトの取り付けは、固着予防にスプラインにグリスを塗った後、ドライブシャフトをミッションに挿して、再度座ぐりのある方からスプリングピンを打ち込んで取り付けます。

そしてBPハブの流用
7176.jpg
ドライブシャフトにばくばく工房製のカラーを装着します。

ドライブシャフトのダストカバーリングを軽く叩いて外し、BPハブ流用カラーを嵌めます。後は用意して置いたBPレガシィのナックルAssyを組み付けて行きます。ブレーキローターはGC8のままなので、15・16インチ用のバックプレート(純正品番:26290AG000)に変更しました。

サスペンションAssyも交換して組み上げ
7179.jpg
ドライブシャフトのナット(純正品番:902170047)は基本的に再利用不可なので新品に交換します。

GC8前期のブレーキキャリパーは対応する社外パッドの数が少ないので、GC8中期/後期の片持ち2POTキャリパーに換装しました。ブレーキローターは前期用が使えるのでキャリパーのみで流用可能です。これでブレーキパッドの選択肢が多少増えます。

折角なのでブレーキフルードも全交換します。フルードはENDLESS S-FOURを使いました。
7183.jpg
ワンマンブリーダーはホームセンターの耐油ホースとアストロプロダクツの1WAYバルブで作製。


純正形状ビルシュタインショック+TEINダウンサスでの車高
7181.jpg
こんなもん・・・か?

乗った感じは純正サスペンションと比べて乗り心地も良くてビシっと走るので、極端を求めないストリートがメインな人にはいいんじゃないかな。
スポンサーサイト
プロフィール

ennui

Author:ennui

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。