スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう何も恐くない

さて、足回りの改善フロント編です。

ロアアームのトランスバースリンクブッシュを交換します。
7464.jpg
ただ交換する訳ではなく、SG9フォレスター用を移植します。

左がGC8、右がSG9の物です。純正品番:20201AC120,20201AC130
7465.jpg
ご覧の通り、取り付けるとロアアームのリアが下がる感じになります。

SG9のトランスバースリンクを移植する事によって、アンチダイブ/リフトジオメトリを弱める方向に変化するそうです。取り付けに関しては付け替えるだけなんですが、トランスバースリンクが下がる分ブッシュが捩れる為、ジャッキを使い半ば強引な位置合わせをして取り付けました。

車高を下げているのでスタビリンクをショートに変更、GDB純正スタビリンクを使います。
7468.jpg
左がGDB-C(純正品番:20470SA000)で右がGC8、約3cm程長さが違います。

ここで一つ問題が・・・GDB用をそのまま装着すると、スタビリンクのピロ部分に急な角度が付いてしまって動きが悪くなります。それだけでは済まずにぶっちゃけ折れますので、下の写真の様にワッシャーを挟んで角度を補正します。

スタビ側に約2mmのワッシャーを3枚程入れておきました。
7469.jpg
ワッシャーを挟んでスタビリンクを立て気味にしないと、ピロの可動範囲を超えて近い内に折れるらしいです。


そしてリアの残業です。リアスタビリンクを純正に戻すついでに、付け忘れていたサブフレームロックボルトを取り付けます。
7473.jpg
忘れられていたSDM リヤサブフレームロックボルト

コレはリアメンバーの位置調整用ねじ山穴を利用して、サブフレームを追加固定するボルトです。取り付けるには、リアメンバーを固定している4本のマウントボルトを緩めて位置出しをした後、ロックボルトにCRC等を塗布して捻じ込みます。(締め付けトルク95N・m)

装着した様子
7478.jpg
ボルトの端面とサブフレームの間にクリアランスが出来る場合がありますが、機能上問題ありません。

で、いつもの如く試走の感想ですが、SG9用のトランスバースリンクの効果が凄く感じられました。曲がり始めた後の安定感が違い、今までより接地感が高いコーナリングが出来ます。ただ、そのままだとブッシュに負荷が掛かる取り付け方になるので、ロアアームのフロントブッシュをピロに変更する等して、ブッシュの捩れを軽減した方が良いと思われます。
スポンサーサイト
プロフィール

ennui

Author:ennui

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。