スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打算と油

中古エンジンなので色々と確認する事があるのですが、まずはタービンでも見てみようと思います。


CR22S_タービン
外れたタービン、この状態なので非常に作業性がいいです。

そして品番確認
CR22S_13900-64D60.jpg
13900-64D00


何故品番を確認したかと言えば、旧規格F6Aワークスの純正タービンに種類があるのです。(DOHC MT)

1/2型CN21S,CP21S
13900-65F00 < 13900-64D00

3/4/5型CR22S,CS22S
13900-65F01

3型ワークスR CM22V
13900-66F00

下に進むに連れて高出力になっています。そして買ったエンジンのタービンが13900-64D00、駄目エンジンが載っている車両型式がCS22Sなので、確認がてら分解、買ったエンジンに13900-65F01を移植しようって訳です。


とりあずバンパーを外すんですが
CS22S_バンパー
表側以外にもこんな所にボルトが居るので注意してください。

そして、外してみたら
CS22S_タービン
んー・・・はー・・・中止!

元からオイルの減るエンジンだったのである程度は覚悟していたんですが、ギトギトです。インペラも軸のガタも問題無さそうなので、大人しく買ったエンジンのタービンを使います・・・

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ennui

Author:ennui

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。