スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩進んで二歩下がる

内装を戻して行きますが、先ずはステアリングを交換します。取り合えず社外ステアリングに換装する為に、ステアリングボスを取り付けます。

ステアリングのゴムカバーとホーンボタンを外し
6494.jpg
六角ボルト6本と17のナットを外します。(ボス破壊途中)

純正ステアリングを外して上の画像の状態まで分解すると、後はスプラインで嵌っているので抜くだけなんですが、毎度の如く固着していて抜けません。仕方ないので破壊しました。因みにワークス純正ステアリングボスのP.C.Dはナルディ穴なので、ナルディのステアリングを付ける場合はボス交換はしなくていいです。

ボス破壊後
6497_2.jpg
赤印がリターンピン、この車は車体側に付いています。

ワークスは年式・仕様によって、ウインカーのリターンピンが車体側ステアリング側かに分かれていたりするので、ステアリングボス購入時には確認しておいた方がいいと思います。

次にシートをフルバケに交換、中古で旧規格H系用のヤツを買って来ました。シートベルトのバックルを移植して取り付けに掛かります。

シートレールに変更が無い様なので特に問題無く付きます。
7082.jpg
ボスも取り付けました。HKB ボスキット(品番:OU-107)を使用

さて、付けたフルバケが何かすっごい前です。ですがこれ以上後ろに下げれません。何故か?

ロールケージのサイドバーに思いっきり干渉してます。
7084.jpg
座れない事は無いんですが・・・

これは問題です。取り付け予定のステアリングが33φのディープコーン(MOMO穴)の為、ステアリングが物凄く近くなってしまいます。しかしシートは下げる事が出来無いので、急遽新たなるステアリングを用意して対応します。

新たなステアリング、ナルディクラシック33φ
7187.jpg
取り付けボルトはチタンにしてみました。(六角穴付きボタンボルト M5×12)

チタンは純チタンの方が蒼くてカッコイイのですが、脆いので(堅くて)チタン合金にしました。アルミ(ステアリングボス)との相性は余り良くないので、ワコーズ スレッドコンパウンドをねじ山に塗布しておきます。

そして取り付け作業中思いました。コレって

ステアリングボス交換の意味無かったよな

と、でも後の祭りです。純正ステアリングボス破壊しちゃったしね。畜生!


助手席の純正シートはサイドバーを取り外さないと取り付け出来ませんでした。畜生!

コメントの投稿

非公開コメント

No title

相変わらずすごいですね~v-206
わたしがやったら大変なことになりそうです。分解したら元に戻らなくなりそうでコワイ(笑)
車とは違う何かが生まれそうですv-40
この工程が終わったらどうなるんですか??

Re: No title

> 車とは違う何かが生まれそうです

大丈夫です。その感覚僕と大差ないですよ

> この工程が終わったらどうなるんですか??

どうなるんでしょうねぇ、行き当たりばったりな作業なもんで・・・
まあ、楽しみに?しておいてください。

No title

なるほど、よくわかった!
チョロQの原理だな(違
しかし、毎度思うけどアンニュイは趣味にお金を惜しまないのな。
また、車を買うときは話をきかせてもらおうかなー

Re: No title

チョロQ、または1/1プラモデルとも言う
車趣味の中ではお金は掛かってない方です。金を掛けずに手間を掛ける、庶民派なんで
プロフィール

ennui

Author:ennui

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。